およぐこころ、たゆたうからだ

100兆ドラクマko.i.tsu、自身のメンタルヘルスの記録

お相手の方を心配する前に

 まず自らをどうにかしたい、漠然とした思いがあります。何か言うことで「相手を変える」ことってできませんからねえ……。

 徐々に解決に向かえば良いのですが……そう思うことが身の回りでチラホラと。不穏を感じてややつらいこともあります。まあしっかりと自分の責任を果たすだけなのですが。

どんとこいとは言えないけれど

 生ぬるいなかを生きているだけでは……いかんよね。

 ほんとショックに弱い、打たれ弱い私です。でも、いろんなことに冷静と誠実で向き合いたく。言葉に浅薄さは現れますが……。

 さて……テンションの高さに頼らず行かないと。

恐れていられない

 軽い対人恐怖、これは生来の臆病から来るものでしょう。克服をばと思います。怖がるのではなく、愛していこうと姿勢を改め傾聴して実践をとも思います。

 そんな中邪魔になる、OCD。妄想できる限りの悪しきことを、相手にするのではないかという思念めいたものがぐるぐる。

 かろうじて普通のように振る舞うこと、それを目標にしていたらいけませんね。

 ……つい、世の人はどうやって相手のことを思いやるのだろうと思ってしまいます。思いやれば思いやろうとするほどに、加害妄想は強まります。なんとかしたいです。

 若干落ち着きを得てきたと思っていたら、ここ数日ぐだぐだに。まあ波はありますわいな。

割り切りに挑む

 某事業所で、面談面接受けてきました。

 コーヒーをいただきました。その折、先方にコーヒーをぶちまけていくのではないかなあ、という妄想がわきました。いつものあれですOCD。

 手が動きそうな感じがするのですが、それはこの病の一番の特徴。実行にはうつしません。

 一人でいる時間を、意識して今後持たないとなあと思いました。相手がいると症状が出ますので。一人のときは気を緩められます。

 緊張と弛緩との上手な使い分け。これが今なお課題です。

ゆえなき苛立ち

 原因が見つからない苛立ち、というのがときにやってきます。

 やってくると言うより、湧いてくるのが実態ですが。やってくる感覚というのが困る点のひとつです。不意打ちをくったように感情の起伏が訪れます。思考切り替えで乗り切れるときと、しばらく怒りがやまないようなときがあります。

 水分補給して深呼吸して、しばらく別のことに手をつけると消滅するので、この方法を思い出せたら自分への勝利。思い出せないときはしばらく周囲に迷惑が……。

 まあ、押さえ込みすぎると爆発すると思うので、いろいろ切り替えられるように方法を編み出しておかないとと思います。